So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

喜多方へ行こう…リベンジ!事前準備について考える。 [喜多方リベンジ]

前回、旭風防のチャンピオンバッグは諦める事が決定した。

その上で、ツーに持って行きたいモノ、あるいは買い替えたいモノについて絞って置く事にする。まあ、荷物が決まっている以上、装備品の追加かリニューアルなんだよね。

・グローブ
・エンジニアブーツ
・microSDカード(32GB)
・ポータブルHD

…予算3万位で。もう少し出せなくはないのだが、滞在費や高速料金、燃料も考えるとこの辺りを上限としておきたい…かな。その上で、プライオリティを決めておこう、と。

【装備編】

powerage.jpg
□グローブ

POWER AGE PG-570 TACパンチレザーグローブ 7,922円

まずはグローブ。何はともあれグローブ。既にもう、現時点でヤヴァイ。フルレザーのグローブ、この暑さはもう辛過ぎる。パンチングメッシュ欲しい。…これは決定事項。

redwing.jpg
□ブーツ

REDWING 2990 税込 39,420 円

W650に乗り出した際、手持ちのエンジニアが無く過去のCEDER CREST製を補修して引っ張り出したがそろそろ限界…まあ、履けなくもない…がそろそろ新調したい。

9268や2966、2268辺りだと50,000円前後なのだが、特に拘りは無いので。型番に拘らず、中古でも良いのであれば古着屋で17,000円~20,000円前後でも購入は可能。

【装備小物編】

IMG_0348.JPG
□microSDカード(32GB)

SDSQUSC-032G-JO3CD ¥6,980(税込)

折角の東北ツー、走りたいルートはそれなりにある…し、記録も残したいと思う。そう考えると、今の32GB一枚ではキツイ…1日で峠二つとなると32GBで2枚は欲しい。

そも、GoPro Session自体のバッテリが持たないのは予備バッテリで補填する予定。バッテリ併用であれば2時間は可能、容量が許せば64GB分の動画も撮影が可能。

1TB.jpg
□ポータブルHD

東芝 TOSHIBA HD-AC10TK ¥7,310 (税込)

ツーに持ち歩く予定のPCがvivo…クラウドブックの為、microSD32GB一枚の動画すら一度には取り込めない…部分的な取り込みとなるので、その退避先が必要となる。

一日に64GB程度の動画を撮るとして、3日で192GB、4日で256GB、5日で320GB…とまでは行かないだろうが、1TBのポータブルHDがあればそこへ吐き出して置ける。

【結論】

装備面で言えば、グローブは今でも必須に近いので購入が決定事項である…ブーツは新調したいが無くともツーリングは可能。新品は無理、中古ならば考慮の余地あり。

現在の32GBに新規の32GBで×2となるが、これは一日の容量を32GBに抑えれば一枚でも可能…逆に、32GB×2でも64GBしか撮れず、退避先が無いと64GBより先が覚束ない。

☆POWER AGE PG-570 TACパンチレザーグローブ 7,922円(税込)
☆東芝 TOSHIBA HD-AC10TK ¥7,310 (税込)
 
=15,302円...逆算するならば、残予算が14,968円...かぁ。microSDカード32GBならお釣りがくるし、ブーツなら中古で探したとしても5,000円は足が出る…悩ましい、なあ。

快適性を考えれば装備なのだが、思い出まで含めれば記録できる小物も重要…んぬぬぬ。

喜多方へ行こう…リベンジ!旭風防 チャンピオンバッグ。 [喜多方リベンジ]

今年こそは、東北へ…喜多方へ行くんだッ…!

IMG_5378.JPG
□喜多方

昨年の夏、ダブさんに乗り始めて半年、ひさしぶりの大型バイク、数年ぶりの喜多方へ…と思いきや、SECOMの証明書仕様変更の為に夏休みを返上どころか、残業塗れの日々。

ようやく秋口に一段落して、少し遅いながらも夏休みを…との瞬間に倒れた。

【詳しくはコチラ】旅準備…不発

IgA血管炎と言う聞き慣れぬ難病…1/2の確率で腎炎、そこから腎不全の確率も少なからず…人工透析の身体は流石に笑えない…為、夏休みどころか、11月まで休職となる。

IMG_0100-b4e1c.JPG
□旭風防 チャンピオンバッグ

今年こそは、万難を排して…準備万端に夏を迎え、存分に東北を満喫する。

そんなプランの中、気になり始めた…いや、以前より気になっていた旭風防のチャンピオンバッグ…バッグと言うかケースなのだが、これがまた非常に気になるのだ。

画像はshimaさんのW650で、実際に固定場所や使い勝手などを聞いたりすることに寄り、気になり度は俄然アップする…だが、付け外しが面倒そうなんだよなあ、コレ。

ルックスは抜群なのだが、実際に触れてみると思いの外、積載量も多くはない。

AF01.jpg
□旭風防HP(http://www.af-asahi.co.jp/other/champ_ac16.html)

…んー…やっぱり、車体に固定のケースとかは嫌なんだよなあ。このケースの形状は例外的に気に入ってはいるものの、それでも車体にケース固定は…と悩ましい。

そんな事を考えながら、メーカHPを確認してみたり…おおお…た、たっけぇ…これ税別で47,300円…てことは、税込みで51,084円...で送料別の様だ…ありえねえ。

格好は良いのが、実物に触れるとその価値は認め難い…ケースもチャチいプラだしなあ。パッと見には、艶や構造的に金属に見えるのだが、錆び易いバーも含めて意外と…ね。

AF02.jpg
□楽天(http://item.rakuten.co.jp/hatoya/10122137/)

まあ、実際の…と言うか、ネットでの実売価格はもう少し安かろう…と楽天で確認。

こちらは、税込みかつ送料込み…だが、4万弱、かぁ…今のmotofizzのバックよりはしっかりしているし、容量も僅かながらに多い...のだが、それでも高過ぎるよ…なあ。

AF04.jpg
□Yオク(2017/07/06)

で、中古なら…と探して見ると、オクでは実売が24,000円~30,000円、か。

手数料やら送料やらを考えると、プラスアルファもか…それなら新品でも良いんじゃないかって気にもなるなあ。20,000円程度ならまだ、考慮の内に入るのだけれども。

純正シート同様、一眼を構える気を無くすのであれば、ツー限定パーツになるだろう。

しかも片道300㎞以上で泊まりのツー…となると、年に何回も行けないんだよねえ…そして=で使用回数となり、取付&取り外しの手間を考えると、厳しいかなあ…。

しっかり固定、ワンプッシュで取り外し可能!とかなら、多少高くても良いのだが。

やっぱり、ここで30,000円~40,000円を割くならば、他の装備に回すか、あるいは滞在期間を伸ばす等の現地での費用に振り分けるか…した方が有意義に思えてくるな。

まだまだ長く乗る予定だし、ロンツー仕様ってのを作っても良いが…今回は良いかな。

TANAX MFK-210 スマホポケットクイックL、購入! [装備・小物類]

タンク用スマホバッグ、TANAX MFK-210 スマホポケットクイックLを購入した。

handle.jpg
□キッカケ

キッカケは先日の動画撮影…ハンドル周りがゴチャゴチャし過ぎていて、折角の動画も見難いし格好悪い…GPSサイコンは他の場所でも良い為、スマホのホルダーがネック、と。

IMG_0567.JPG
□到着

楽天にて送料込み4,163円にて購入…店頭だと5,940円...そりゃネットで買うわな。

そして届いてビックリ、今どきのネット販売品とは思えぬ簡易梱包!なんと商品の梱包無しで、段ボールにずどんとそのまま!…過剰梱包もアレだが、これはこれで…なあ。

IMG_0642.JPG
□確認

簡易梱包と言うか梱包以前と言うか…段ボールから取り出し、中身を確認。…とりあえず、目立つ傷や汚れは無い…かな。まあ、用途的に多少の傷汚れは付くだろうけども。

IMG_0641.JPG
□本体

スマホを入れるのが、このポーチ部分の本体…うん、iPhone6Sよりちょっと大きい位…いや、ケースを付けた状態で少し大きいから、それなりに大きいとも言えるかも。

百鬼のホルダー程しっかりとは固定されないが、逆に緩い故の使い易さもある。

IMG_0640.JPG
□マグネットマウント

本体をねじる事で取り外せる、タンクマウント部分…三角のそれぞれ端に強力マグネットが縫い込まれており、これでタンクに張り付くものと思われる…傷、大丈夫かな。

IMG_0643.JPG
□付属品

コチラが付属品…映っているスポンジは、本体ケースの内装と言うか、同行んされているパーツ…コレを取り除けば、予備バッテリとiPhoneでぴったりかもしらん。

他には、フレームのネック部分に固定し落下防止用となるだろうストラップのみ。

2017-07-06T15_08_54-91a93.jpg
□タンク設置

タンクの設置し易い部位に…と考えたら、こんな場所に…しまった、Wはタンクキャップが出っ張ってるんだった…これはちょっと…いや、かなり下過ぎる…かなあ。

以前はハンドルにあったスマホが、お腹を見る位に下を向かないと見えない。

2017-07-06T15_09_11-9bb35.jpg
□場所変更

マグネットの強さを信じて、タンクキャップの上にマウント!

…は流石に、落ち着きが無さ過ぎて怖い。このパーツの想定としてはこの辺りなのだろうけども…地味にタンクマウントがし辛いんだな、Wは。…タンクバックはもっとか。

IMG_0841.JPG
社外オプション

さぁてどうするかな…と悩みながら、地元の量販店で見つけたのがコチラ。これ、今のパーツと固定部分の形状が一緒じゃないか…?なら、これで、ハンドルマウントも…?

IMG_0842.JPG
□コネクタ

並べて見るとほぼほぼ同じ…コネクタ部分も、周り止めの部分も…使えるな。位置的にはかなり自由度が上がるハズ…百鬼と同様にミラー横でもセンターでも使えそう。

IMG_0843.JPG
□取付

試しに購入したコネクタ付きバンドと組み合わせてみる…600円前後でこれだけ選択肢が広がるのであれば、文句無しだ…うん、これは良い買い物をしたと思う。

IMG_0845.JPG
□テスト

ハンドルクランプ部分…と言うか、ハンドルのセンター部分だな。少し立ち過ぎ…視線的にはもう少し、寝た方が良いかも知れない…が、先ほどのマウント位置よりは良いか。

2017-07-06T15_09_37-6358d.jpg
□テスト画面

実際にiPhoneをケース本体へと入れて、車体へマウント…うん、良い感じ良い感じ。

ただ、こうして見るとケースの透明部分と液晶画面の暗さが気になる…か?まあ、ケースとしては…というか、マウント位置としては問題無さげだから、ひとまず良しとする。

IMG_0847.JPG
□完了

これでようやく、ハンドル周りのスッキリ化が完了!

百鬼のホルダー程しっかりと固定されない代わりに、取り外しが楽なのは非常にメリットがある。ナビの頻度は高く無い上、動画撮影や一眼での撮影も頻繁にするからね。

実際の使用感は今度、出掛ける時にでも試してみる事にしよう。

アングル変更?ヘルメットサイドマウントテスト! [W650全般]

さて、今日も今日とて道志へGo!…今回はアングルを変えて撮影してみる事にする。

IMG_0769.JPG
□クロスアウッ

…しかし、暑い、いや、熱い。流石に高速道路は…と、東名はジャケットを羽織っていたものの、下道ではもう無理無理無理…ああ、グローブもメッシュが欲しい…。

IMG_0791.JPG
□設置位置

ちなみに今回はタンクマウントでは無く、ヘルメット…それもサイドマウント。

当初はメット本体へとマウントし、テストを繰り返したのだが、どうしてもシールドの映り込む面積が大き過ぎる…と言う事となり、急きょ、シールへとマウントしてのテスト。

IMG_0770.JPG
□いつものコンビニ

撮影を開始するのはいつものコンビニ、サンクス津久井店である。

自宅から東名までの下道、東名を降りてから峠の入り口まで…と走り、体力的にも集中力的にもちょうど良い休憩ポイントの為、寄らせてもらう…週一以上で来てるなココ。

gps01.png
□アングル

ヘルメットサイドマウントのアングルが、どんなものか…と言うのが端的に見える一枚。自身の視界を左斜め上から見ている…事に加え、魚眼効果が表れている。

nlog03.jpg
□前アングル

以前に撮影した時の、タンクマウントでのアングルがコチラ…走行シーンを思い出しながら見るには悪くないのだが、やはり前方への視界確保が不十分と言えば良いだろうか。

タンクに顎を付ければこんな視界になるが、実際にはもう少し上で先が見通せる。

nlog01.jpg
□新アングル

そして今回、メットサイドのアングルがコチラ…大分、走行感が感じられる。

車体の一部が映り込まないと定点カメラ的になるのは言うに及ばず、その視点が低いとある種ゲーム的にもなるのだが、こちらは良い意味でゲーム的に見えないだろうか。

nlog02.jpg
□視点移動

撮影ポイントが自身の為、状況に依り変動する。…のが伝わるのが、この一枚。

コーナー手前でフロントに荷重を掛けに行けば、映し出される車両は少なくなるし、ストレートでは重心を後ろに掛ける為に、映し出される車体は大きくなる。

走行動画、それも観る側とし考えれば、固定カメラの方良いんだけどね。

sika.jpg
□鹿

…なんて考えながら、撮影してしまったのがこの一枚…飛出し後に引かれた鹿。

走行中には、何か反対車線に落下物が…徐々に近づくにつれ、何か丸まった生き物…まさか人か…と直近で鹿に気づき、振り返りながら路面の状況を撮影したのがこの一枚。

流石に止まる程の状況ではないが、気になる状況…後で切り出せる動画の利点とも言う。

IMG_0772.JPG
□沢

そして、撮影を終えて辿り着いた道の駅、その裏を流れる沢にて一服。

前回、足場兼休憩ポイントとして見つけた岩場で、ブーツを脱いで靴下を脱ぎ、デニムを捲り上げて…沢の水に足を浸す…ををを、想像以上に冷たい…が、気持ち良い…。

IMG_0783.JPG
□青空

沢に足を付けたまま、岩場に寝転がれば、広がる夏空。降り注ぐ陽射しがややきついながらも、山中の沢で見上げる空の高さと雲の広さよ…ああ、心癒される。

IMG_0781.JPG
□釣り人

…しかし、先日のじっちゃんと異なり、何とも風情の無い釣り人たちよ。

効率を求めるなら船でも磯でもいいんじゃないの…と言うか、結果的には釣りじゃ無くて漁で良いんじゃないの。ここだって漁業権的なの買ってんだろ…なあ。

友釣り以外では滅多に上がらない鮎では無く、岩魚か山女でも狙ってんのかね。

IMG_0797.JPG
□帰宅

帰りも動画を撮影…上りと異なる、少し本気モードで(とはいえW650なのでたかは知れるが)走り、その画像を撮る…後に見てみると抑えての走行と大差無く萎む。

しかしこの時期、空冷のビッグツインは辛い…ロンツー以外はスクーターだな。

IMG_0800.JPG
□ファブリーズ

最後に、じっとりと汗を溜め込んだデニムの腰回りと、高速メインとは言えじっとりと汗の沁み込んだジャケットを干して、ファブリーズを吹き付ける…夜に取り込むか。

20170623.jpg
□本日のルート

うん、ココ最近は良く走るルートなので、特にコメントすることも無し、かな。

総距離:180.67km トリップタイム:238:44'21 平均速度:48.6km/h
登坂高度:2509 m 走行時間: 5:06'58

東名が860円×2で1,720円...ま、そこそこに便利な遊び場だな、道志辺り。道の駅を過ぎて以降は走りやすくも楽しくもないので、そこからUターンが定番となりつつあるが。

8月の本番に向けて、GoPro Sessionの扱い方も見えてきた…かな。


GoPro Session 宮ケ瀬~道志みち。 [GoPro session]

さてさて、前回のツーレポでは掲載しなかった、ダブさんの走行動画をば。

無題.jpg
□ルート

ちなみに走行ルートはこんな感じで。宮ケ瀬を過ぎた先のサンクスで休憩後に動画撮影を開始、道志の道の駅までの走行を撮影。往路のみ。

GoPro Session W650 道志みち その①

市街地を緩やかに抜けて、R413に合流してしばらく。走行開始前に、せき込んでいるのは…映り込んでいるのは、ご愛嬌と言う事で一つ。

GoPro Session W650 道志みち その②

本格的にワンディングが始まる辺り…なのだが、入り口辺りはちょいちょいセンターラインが消えるので、大人しく走行ラインを壁側に取る走りで。

GoPro Session W650 道志みち その③

最初から最後まで、ワインディングを堪能できるパート。峠の走行動画としては、ココが一番、見やすいポイントかも。のんびりゆっくり、な走行ではあるけども。

GoPro Session W650 道志みち その④

③~道の駅に到着するまで。道の駅に近い辺りは居住区も多い為に、ここはのんびりと走っております。天気が良いと富士山がくっきりと見える辺り。

…ま、こんな感じで。

凡そ、制限速度を守っております。アングル的に少し針が上を向いているけども、真上から(乗り手から)見ると40km/h巡航。低速且つ安全運転で撮影済み。

なお、下りに関しては撮影したものの、公開は…ね?と言う事で。

道志みち、GoPro Sessionテストツーリング。 [ツーリング・準備]

先日のログで載せた通り、タンクマウントでミドルアームを採用する。

…なににって、本番である道志ツーの峠動画の撮影にである。多少のブレはあれども、結果的に走行感のあるアングルは、上記の組合せだったのだから。

IMG_0444.JPG
□出発準備

普段は走行後に給油…次回はそのまま出発、なのだが、今回はGoPro Sessionのテストの為に燃料を消費していた為、万全を期して燃料を給油して置く事にする。

IMG_0448.JPG
□設置

そして、尻手黒川街道を下り、東名川崎から厚木ICへ、いつものコンビニにて休憩。

R413へ合流してから…と考えていたのだが、予備バッテリもあるし、microSDカードにも余裕がありそうなので、ここから撮影しておくことにする…タイミングも良いしな。

IMG_0450.JPG
□道の駅 道志

そんなこんなで、道の駅は道志に到着…うん、動画撮影用なのでサクッと飛ばす。

容量的にはまだまだ余裕があるし、バッテリー的にも余裕がある。山中湖往復位は持ちそうな気がする…が、まあ、ここで昼食がてらに予備バッテリから充電しておこう。

IMG_0452.JPG
□昼飯

今日も今日とて、道の駅の裏側を走る沢にて昼ご飯とする。

前回の失敗より、直巻きおにぎりのみとする…が、選択肢が少なく、前回と同じしゃけに「青さご飯 わさび海苔」を二つとしてみた…も少し、塩気があっても良いかな。

IMG_0454.JPG
□川遊び

今回は良いポイントを見つけたのだで、川遊び…と言うか、足を沢に付けて一休み…そのままおにぎりを齧ったり、煙草を吸ったり…とのんびりとした時間を過ごす。

IMG_0456.JPG
□旨し

それなりに汗をかいたため、ちょっと塩味が足りんかな…と感じた「青さご飯 わさび海苔」だが、やっぱり、こういったロケーションで食べる直巻きおにぎりは旨いね。

IMG_0458.JPG
□安らぎ

抜けるような青空…夏空を山間の沢で眺めるのは何とも言えない幸福感がある。まだ、山間はそこまで暑く無い事もあり、沢を流れる涼やかな風に身を任せる心地よさ。

IMG_0459.JPG
□一服

そしてそんな清涼な空気の中で吸う、一服の旨い事、旨い事…。

会社の喫煙スペースは大っ嫌いなタイプである。煙草は空気のきれいなところで吸ってこそ、旨いものなのだ…もちろん、吸い殻などのゴミはまとめて持ち帰る。

IMG_0461.JPG
□爺ちゃん

のんびり一服していると「お兄ちゃん、川遊びかい?」と声を掛けてくれた爺ちゃん。

まだ、12~13㎝の鮎ばかり、等と釣果を聞いたり、ツーリングで来た事などを話しながら、こういった人との触れ合いもツーの醍醐味だよなあ、とほのぼのする。

IMG_0464.JPG
□昼寝

思い付きで沢に足を突っ込んだは良いが、拭くものが何も無い事に気が付いたり。

仕方が無いので、足が自然と乾くまでのんびりと岩の上に寝そべる事にする…帰ってから、異様に顔が真っ赤で変に日焼けした事に気が付いたのは、ご愛嬌と言うべきか。

IMG_0470.JPG
□帰着

バッテリの充電が回復したので、下りも撮影…これは上げない予定。

上りはゆっくりと流したのだが、帰りは余りメータを見ていなかったので、編集が面倒臭かった為…ついでに、ここからにりんかんまでも撮影したが、面白くも無かったしねえ。

20170623.jpg
□走行ルート

総距離: 172.05 km トリップタイム:5:33'41 平均速度: 49km/h
登坂高度: 2213m 走行時間: 4:56'19

東名川崎⇔厚木のルートは記さず、その後のルートだけ載せてみる。まあ、それでも往路復路だから、単調なルート図にはなるのだけども、ね。

さて、次辺りで道志走行動画でも載せてみるか…どうしようかね。

ショートアーム付き吸盤マウント&ロングアーム取り付け位置変更。 [GoPro session]

ダブさんにはタンクマウントだな、と決めては見たものの。

ミドルがあるんなら、ショートもあるだろうし、試してみたいよなあ。てなワケで、買ってきました『ショートアーム付き吸盤マウント』。

発作的に夜のヨドバシへ…BW’Sのヘッドライトが切れて泣いたのは内緒である。

IMG_0410.JPG
□ショートアーム付き吸盤マウント

相変わらずGLIDERブランドのアタッチメントは激安である。

…でも、ミドル(816円)よりショート(952円)の方が高いと、なんで?と思ってしまうのは致し方ないと思う。ロングはどうなのか、お値段だけでも見てみたいトコロ。

IMG_0414.JPG
□内容確認

おお、GoPro Session固定部分と吸盤マウントの間が小さい…これはかなり、しっかり感がある。いいね、これ。吸盤のとこを持って振っても、大きな振れにならない。

IMG_0413.JPG
□ショート&ロング

では、ミドルとショートの差はどんなもんだろ…と並べて比較。高さが…と言うよりは、間のアームがしっかりとしている感じ。これは中々に期待できるかもしれない。

IMG_0419.JPG
□仮組

ショートアームにGoPro Sessionを組付け、ミドルアームと比較。

コレは結構、高さも違うんじゃないかな…でも逆に、タンクマウントでショートアームだと、得られる撮影アングルが少ないかもしらん…まあ、これは試してみないとだな。

IMG_0420.JPG
□マウント画像

BW’SやVOXの撮影をした場所で、ショートアームのテストを実施する。

単純に高さが出ないので不安感が少ないし、胸元でフラフラとされる感じが無いのはそれだけで好感触でもある…が、E/gを掛けたら、ミドルよりもビビってる感じもある。

GoPro Session W650 Ver タンクマウント(ショート)

基本的なアングルは、ミドルと同じ(ステムナットが見える位)。

…なんだが、下をそこで合わせたせいか、やたらと空ばかり見えて道が見えない…微妙な感じに撮れた。もう少しアングルを落とせば…となるとネック部分が変に映るだけだし。

IMG_0421.JPG
□マウント画像

じゃあ、タンクマウントをもっと前方、キャップ前に設置したらどうだろうか。

…うん、撮影するまでも無く、GoPro Session自体がメータを移してる…と言うか、メータしか映してないコレ。ダメだわ…この場所で撮るなら、ミドルアームじゃないと、か。

IMG_0423.JPG
□GoPro Session W650 Ver タンクマウント(ロング/タンクキャップ前)

…ミドルアームでもちょっと怪しいなあ…と思わせる設置位置。

映る位置もさることながら、タンクの曲面がキツイ位置なので外れないかも怖い…が、こんだけステムやハンドルに近ければ、保険に固定することも出来るのでそれは安心か。

GoPro Session W650 Ver タンクマウント(ショート/タンクキャップ前)

…うん、間違ったレースゲームみたいになった。ほぼメータの画像である。

セパハンでタンクに伏せて走れば、こんな感じの画像にはなるんだけどね…逆にそんな状況で動画を撮影しても、撮る方も観る方も意味が無いってのは、良く分かったアングル。

GoPro Session W650 Ver タンクマウント(ロング/タンクキャップ後)

やっぱり、ダブさんの走行画像はこのアングルが良いってのは判明したねえ。

とりあえずはこの状況で峠でも走って(撮影して)見て、ブレに関する対抗策を考えるほか、無いかな…ま、この程度ならありっちゃあり…なんだけども、ね。

2017年、7月のらーめんについて。 [月間らーめん記録。]

先月寄り始めた、前月に食べたらーめんをまとめてみよう、という新コンテンツ。

先月はきりきり舞いに行けていない為、今月は2度の訪問。でもここ、昼ご飯に食べると夜ご飯が危うくなるレベルの満足度なんだよなあ…そして松虎亭も2回、か。

IMG_0762.JPG
□2日 きりきり舞い 特らぁめん黒 1,000円

一月ぶりと言う事で、特らぁめん黒。300gの極太麺に極太メンマ、濃い味煮玉子、海苔が三枚…は良いのだが、大和煮的な分厚くてホロホロなチャーシューにやられる。

IMG_0809.JPG
□4日 松虎亭 盛岡醤油拉麺 670円

溝の口を訪れる用事があったので。濃口の盛岡醤油を使用している事を除けば、オーソドックスな醤油拉麺。今時、家系でもないのにほうれん草は珍しく懐かしい。

IMG_0853.JPG
□6日 いそべ 黒旨特製わんたんめん+大盛り 1,100円

やはり、何杯かに一度は食べたくなるいそべのわんたんめん。相変わらず、スープに麺にわんたんに…と文句の付けようがない極上の味。これでアクセスが良ければなあ。

IMG_0956.JPG
□11日 松虎亭 盛岡醤油拉麺 670円

度々、溝の口に用事があり訪れる。が、このらーめんはベーシックなだけに、月に一度か数か月に一度、で良いかなあ…平日はまっち棒が営業しない為、ココ一択だが。

IMG_0997.JPG
□13日 なんつっ亭 らーめん 750円

喜多方リベンジの美品調達や仕事関連で訪れる事のある川崎。他に店がに無い訳でも無いのだが、自然と足が向くのはやはり、黒マー油の魅力。平日は大盛り無料だし、ね。

IMG_1020.JPG
□14日 きりきり舞い 特らぁめん黒 1,000円

今月はきりきり舞い強化月間。今回はいつもよりもチャーシューのボリュームが凄く、極太麺300gを食べ終えたにも拘らず、食後の感想は「肉を食った」と言う摩訶不思議。

IMG_1121.JPG
□17日 いそべ 黒旨特製わんたんめん+大盛り 1,100円

定期的に挟んで行きたいいそべ。但し、11時30分開店なのに、11時38分着で既に店内の待合スペースが満席なのは解せない…潰れては困るが、自分だけの名店でいて欲しい。

IMG_1172.JPG
□19日 上々家 中盛り 750円

川崎の産業道路方面に用事があり、羽田も近い為に上々家を訪問。味は文句なしに旨い…のだが、SNSやブロガー泣かせの、絵面の悪さは何とかして欲しいとも思う。

IMG_1210.JPG
□21日 ボニート・ボニート 粗挽き醤油+ライス 1080円

チャーシューが一枚減ったからか、見栄えが寂しくなったなあ…あと、スープのコクが無くなった様な。粗挽きも減っている気がする。コレにご飯だけで1,000円越えは…。

IMG_1374.JPG
□24日 小法師蒲田店 チャーシュー麺 +サービスライス 960円

うん、まあ、こんなもんか、を地で行くらーめん。喜多方は伏流水の旨さで持っているから、現地以外で食べるとね。チャーシューでごはんが食べたい時はありだな。

IMG_1431.JPG
□26日 なんつっ亭 らーめん+ランチサービス大盛り+ビール 1,250円

たまに食べたくなるマー油豚骨。ここはキンキンに凍ったジョッキでビールを出してくれるのが嬉しい…500円でお通しレベルも無いのはアレだが、まぁらーめん屋だしな。

IMG_1523.JPG
□29日 いそべ 黒旨特製わんたんめん+大盛り 1,100円

2週間も間を開けると恋しくなるお味…そしてひさしぶりに啜るスープの旨みにしあわせの溜息。デフォルトで麺が少ないのさえ除けば、ほぼ完璧といって良い旨さである。

IMG_1555.JPG
□31日 和蔵 らーめん+サービスライス 750円

溝の口に勤めていた頃、良く訪れたお店…だから、10年ぶり、くらいかな。変わらない味…うん、今となってはインパクトが薄い…ありふれた味とも言える背脂豚骨醤油。

【総括】

今月は14杯、12,180円か。月間で一万越えと考えるともう、これは立派な趣味だなあ。緊縮財政中で小遣い三万円の為、ほぼ半分はらーめんに注ぎこんでいるという結果に。

そう言えば、今月は鶏白湯を食べていない…むさこ方面ではきりきり舞いとボニートとなる結果とも言えるが…来月のむさこ方面は、鶏白湯とじらいやの訪問を目標としよう。

GoPro Session バッテリー稼働時間チェック。 [GoPro session]

さてさて、撮影容量は確認出来たので、次はバッテリー稼働時間をチェック。

IMG_0391.JPG
□フル撮影テスト

実際の走行動画は無理なので、リビングのテレビ前に置いて撮影してみる。

当初はリビングに置きっ放しで考えたのだが、誰もいないのに動きのある画面とか撮れたら怖いから、動きが無いと撮影容量が低そうな気がしたので。

IMG_0404.PNG
□設定

画質は1080のフルHDでワイド、撮影レートは60fps。

んで、GoPro Session本体の純粋な稼働時間を知りたいため、バッテリーを食いそうなwifiはオフにして、本体スイッチで撮影の開始と終了を行う…と言う条件設定。

で、撮影した動画を撮り込んだファイルが下記の画像である。

goprotest03.png
□録画内容

12分のファイルが8本で96分、6分のファイルを足して102分。

で、バッテリ切れを起こしました…なんだ、32GB分の容量を使いきれないんじゃん。外部バッテリーの充電を前提としないなら、バッテリー持続時間=撮影可能時間だろう。

本格的なHERO4や5ならまだしも、手軽にSessionを使うユーザならば。

goprotest02.png
□使用容量

29.7GBの容量に対して、残りが10.9GB…録画出来たのは18.8GB。

バッテリーが切れるまで、時間にして102分、18.8GB容量の録画が可能、と判明。

…まあ、録画状況に寄り、容量や時間は変動するだろうが、これは一つの目安となる。32GBで10GB余りって…元々は64GBを想定していたが、要らなかったんだな。

手持ちの予備バッテリがあれば、もうちょい撮影も可能…だが、一時間半以上の連続走行…しかもその全てを撮影したいシーンなんて、そうそうないだろうからな。

これでマウントをもう少し詰めれば、後は楽しい撮影タイムである…梅雨が明けたら。

ファイル容量と撮影ファイルの分割の規則性を発見。 [GoPro session]

しばらくは雨模様なので、お家でGoPro Sessionを弄る日々。

goprotest01.png
□認識

PCに繋いで動画を撮り込んで…と処理をしている際に気が付いた。

ちゃんと『HERO4 Session』と表示され、アイコンも Sessionのモノに…でも『HERO4』じゃない、無印の『Session』なんやで。…ファームが同じなのかね。

session02.jpg
□容量

前回のテスト撮影(アップしていないのも含め)で、結構な時間を撮影したと思われる…1時間は越えているハズ。んで、容量的にはどんなものなのかな、と確認。

お、まだまだ余裕あるじゃん…ちょうど、外してあるmicroSD位の空きか。

IMG_0389.PNG
□ファイル総容量

…んで、各ファイルの時間を読み込んで…エクセルで足して…うわぁ仕事見てぇ…面倒臭くなってきたわ…でもこれやらんと、現在の容量が見えんからなあ。

0:06/0:29/8:11/0:13/7:13/8:20/12:00/12:00/0:52/2:45/0:06/2:18/9:36
/12:00/12:00/5:45/0:02/1:25/1:24/1:26/1:45/1:29/2:11/0:12/1:46/2:18
/1:54/2:01/2:00/1:54/2:20/0:02/0:12...と各ファイルでこんなもんか。

そして取り込んだファイルを眺めていると、奇妙な偶然?に気が付いた。

えーと117分25秒…約120分なので、2時間は撮影が可能、と。それでもまだ空きがある事を考えれば、32GBで充分だったな。連続走行で2時間以上は無いだろう、多分。

goprotest00.png
□ファイルの時間

あれ「GP011422」ってファイルと「GP021422」が共に12:00...?なんでこんなにぴったりかっきり…?ん。ひょっとして、1ファイル辺り12分単位なのか。1時間で5本か。

test00.jpg
□GP011422

じゃあ、GOPR1422が作成され、次にGP011422、最後にGP021422...と繋がって一つの走行ファイルになるイメージか。ファイル名がGOPRからGP0xに変化してるし。

試しに、GP011422の終わり間際で止めて、最後に撮影された画像を確認。

test02.jpg
□GP021422

GP021422の最初で止めて…ああ、やっぱり、ファイルを分割してるんだ。画像が繋がってるもの。12分を越える走行シーンは、12分毎にファイルを作成して繋げる、と。

1ファイル辺りの容量が決まってるのは、フォーマット的な問題…かな、多分。後は1ファイル辺りの容量が大き過ぎるとCPUパワーを必要とし過ぎるので、その制限かも。

まあ、視聴する際にも、一つのファイルで長過ぎるよりは良いから、これで良いかね。



前の10件 | -