So-net無料ブログ作成
検索選択

フロントフォークオーバーホールとその加工について [考察・妄想]

前回、アウターチューブの加工、あるいは異なる年式より流用を検討と記載。

で、検討するのは良いが、そもそも検討出来るだけの情報が無い。まずは正確な年式を知らべ、部品の情報(価格・Assy等)を確認することから始める。

fork.jpg
□2007年 フロントパーツ一覧

いくつかの年式の中、比較的高年式な『銀のアウターチューブ』と『鍍金ライトステー』を持つのが、2007年式のW650の様だ。この年式の部品情報を検索する。

【アウターチューブ】
44006-0014 チユ-ブ(ライトフオ-クアウタ) 22,032(20,400)
44005-0014 チユ-ブ(レフトフオ-クアウタ) 22,032(20,400)

…意外とお高いアウターチューブ。税込で22,000円、ねぇ…2本で44,000円はちとお高いかな。細い正立フォークのアウターとしては、中々に良いお値段に思える。

…これなら、O/Hでバラした際にサンドブラスト&表面加工…の方が安い気がするな。アウターチューブ単品の加工を2本分なら40,000円で行けそうな気がする。

初期型はアクスル径が…となった場合、2007年式チューブはさらにお金が掛かるしね。

これは加工屋さんも含めて検討が必用かな。カスタムの方針として現状加工>純正流用>社外品…となる為、出来れば現状パーツでの加工が望ましいと思える。

時として、純正を加工していくと高価なリプレイスパーツを越える事もあるのだけどね。

んで、前足を銀色にした場合、ライトステーも黒では無く銀が良い…これも同様に2007年式の鍍金へ交換するとして、パーツを検索してみると下記の通りとなる。

【ライトステー】
44033-1250 カバ-(フオ-ク),RH 5,270(4,880)
44033-1251 カバ-(フオ-ク),RH 5,270(4,880)

これはまぁ…こんなものかな。両側で5,270円×2で10,540円…ま、一万円なら御の字だろう。社外ライトステーと言う手もあるし、後に組み替えるのも難しくない。

が、フロント周りをバラすならついでに変えておいても良い、かな。

旧車イメージで言えばライトステーは鍍金が基本。但しCB750Fourの様に、タンク&ライトケースと同色と言うのもある。今のWで言えばライトステーは黒でも良い。

どの道、アウターチューブが銀とは言え、アルミ梨地の鈍い銀色であり、メッキの銀とは異なる事を考えれば、ライトステーが黒でも違和感は無い。

逆に言えば、ウィンカーが鍍金なのでライトステーが鍍金でも違和感は無いのだが。

社外はロッカーズ系しかないし、イナドメはライト毎の交換となるショートステーの為、純正ライトを前提とするとどちらも選べないのがツライ。

ステーがアルミなら、アウターと同じ加工で使用出来るんだけどね…鉄だからね。

しかしこうして考えて見ると、単純な交換で済むリアに比べて、加工等調整が必要なフロントの面倒さだよなあ。まあ、そんな面倒な検討&調整も楽しいのだけどね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。