So-net無料ブログ作成

【リアルタイム更新】2016年夏のW650 VerW3仕様。 [W650全般]

TOP画像にある通り、一昨日にWが仕上がったのでリアルタイム更新。

本日早朝、一眼とレンズを抱えて、浮島まで写真を撮りに行ったのでその画像をアップする。ホントはツーにでも行きたかったのだが、曇り空+お盆休みではなぁ…と近場でお楽しみ。

IMG_0077.JPG
□やや煽りで

クラシカルでフロント周りにメヂカラのあるバイクは、こんなアングルが良く似合う。ヘッドライト、E/g、タンク…今のバイクには無い、シンプルながらも力強さを感じさせるこのスタイル。

IMG_0059.jpg
□斜め後ろから

最近、細々と変えたパーツ類が目立つのがこのアングル。タンクのデザインもさることながら、シートとグラブバーの形状が作るライン、張り出したサイドカバーが古臭さを感じさせて良い。

IMG_0036.JPG
□やや引きで

クラシカルながらも全体的には2,000年式と新しいバーチカルツインは、新しいWのカタチなのだと感じさせるのは、W3をベースイメージとして弄り続けた一つの完成形だとも思う。

IMG_0102.JPG
□愛車と

クラシカルなスポークホイールにツインショック、空冷フィン&べベルギアの目立つE/gから伸びるキャブトンはWの系譜を思わせる。同じフレーム内に収まる自分、共にロートルな感じが良い。

IMG_0100.jpg
□走り続ける意思を

Wに跨る己を再確認。車体以上に古臭い己と、その先にある何か。辿り着けるどこか。

そして、ここしばらくの間に組み替えたパーツ類…W3ペイントのタンクを発端に、何れは変えようと目論んでいたパーツ類を一気に交換。来月半ば…そろそろ一月を切ったロンツーの下準備。

IMG_0003.JPG
□W3カラー ペイントタンク

オークションで見つけ、落札したW3カラーリング+タンクパッド除去のおNEWタンク。W1イメージと悩むも、やはりデザインに惹かれてW3へ。他にない暗さのあるマルーンに一目惚れ。

IMG_0010.JPG
□W800純正チェーンカバー

あの方のご指摘もありつつ、何れは…と悩んでいたチェーンカバー。幾つか社外製品も出ており、モロモロ悩むもW800純正(同形状/鉄+鍍金)へと交換。やはりここは鍍金以外にはありえない。 

IMG_0091.JPG
□デイトナ W1オイルタンク風サイドカバー

定価16,000円+税に悩むも、色々とタイミングが重なり奥様の援助も経て13,000円(税込/送料込)まで達した為、思い切って購入。地味に車体の古臭さに貢献してくれたパーツ。太腿にヒット。

IMG_0014.JPG
□デイトナ グラブバー

オクで発見…OfficialのW1SA風シートとの相性が非常に良い事、純正とは異なる単純かつ古臭いデザインに惹かれて購入。直線的な形状かつ低いフェンダー部は、今のスタイルにも合う。

ちなみに、上記のタンク、グラブバー、サイドカバー、チェーンカバー…そしてここには書いていないがバッテリートラブル等もあり、それはまた別途、記載していく予定なので、あしからず。

海沿い路地裏ツー。 [ツーリング・準備]

SevenFiftyさんの「ネコのシッポつかみツーリング」に触発されて、江ノ島~三浦へプチツーでございます。江ノ島は猫が大量…でも、猫アレルギーで触れない…。

IMG_4272.JPG
□早朝保土ヶ谷

降ってはいないが、快晴!とは言い難い天気で早朝の保土ヶ谷…となると、バイクもまばら。それでもボチボチ、走っている人が居るのを見るとバイク乗りを見ると嬉しくなる。

IMG_4274.JPG
□横浜新道

第三京浜から、横浜新道を抜けて…この頃には少し、天気も回復してきたかな。

良く第三に乗っていた頃は、玉川~保土ヶ谷で250円もせず、横浜新道なんて150円位、両方合わせてもワンコインもしなかった有料道路が、まあ、お高くなったもんだ。

IMG_0036.JPG
□江ノ電

SevenFiftyさんに触発されて、海沿いの町を撮りたく出掛けたのだ、片瀬江ノ島辺りからフラフラと撮影に…ああ、Wって何気ない日常に馴染むよなあ、ホントに。

背景にしている江ノ電の線路が溶け込み過ぎている感はあるけども。

IMG_0040.JPG
□路地裏

そして、緑も映える…これは、タンクを明るめの色にしたのが効いてるかな。

バイク単体で見ると暗色の方がスマートに見えるんだが、風景と捉えると明るい色彩の方が馴染みやすい気もする。これは自分のデザインが気に入っているだけかもだが。

IMG_0045.JPG
□江ノ電最中

街中で見かけた、江ノ電車両を埋め込んだ和菓子屋さんの店頭。

ちょろっと顔を出す程度のWが、これはこれで良い感じに思える。日常では無いんだが、非日常と言うほどに現実から乖離しない、そんな距離感が似合うバイクとでも言おうか。

IMG_4288.JPG
□片瀬江ノ島

早朝のR134はまだ車も少なく、それでいてガラガラでもなく。Wでのんびりと流すのにとても気持ちの良い道路…帰ったら、洗車しないとなあと思う潮風でもある。

IMG_4291.JPG
□初夏の海

時期的には入梅したばかりながら、気温は既に高くそれなりに気持ちの良い海沿いの道路。10Rの時はほぼほぼ苦行だったなあ、なんて思い出すのもちょっと懐かしい様な。

IMG_0069.JPG
□三浦港

134をグルッと流して三崎まで…今回は鎌倉への寄り道は無しで。

ビル群に映える車体では無いけれども、街中は勿論、漁港にも映える車体ってのも中々無いよなあ、と思いながらの撮影。W650は何と言うか雰囲気が丸いんだよな。

IMG_0081.JPG
□港路地

城ケ島へ渡ろうかとも考えたのだが、今日は海沿いの町へ来たかっただけ。

それものんびりと写真を撮りたいのと理由から、早朝に訪れたのもあり、今日はこのまま撤収…まだ8時になるかならないか、と言う時間だけれども、それはそれでよいかな。

なんとなくぶらっと走り回るだけ、しかも早朝…そんな日曜日の、朝。