So-net無料ブログ作成
検索選択
装備・小物類 ブログトップ

POWERAGE FURライダース購入! [装備・小物類]

以前に、30%Offのタイミングで…!と悩んだパワーエイジのジャケット。

IMG_7707.JPG
□購入

…を、思い切って購入!と言うか、購入してもらいました奥様に。これで、夏のメッシュジャケット(Daytona製50%Off)を除き、オールシーズン奥様ジャケットだなあ。

ヘルメットもグローブも…90%位、奥様支援で成り立っております。家計からならまだしも『奥様のお小遣い』分から支出されている為、本当に頭が上がらないのです…。

IMG_7681.JPG
□恩返し

これはどこかでまとめて(具体的には事故の賠償辺りで)恩返しをせねばならん。

…等と思いつつ、とりあえずはお安い所でお昼ご飯をば。矢口は『いそべ』で『黒旨特製わんたんめん』を献上する。ちなみに黒よりも白を気に入られたご様子だったりする。

IMG_7759.JPG
□羽織ってみる

さて、購入後恒例の一人ファッションショー的な。まあ、撮影出来ている時点で、奥様が見てるんだけどね。お店で試着してみる時とは違うよね…落ち着いて試着出来るし。

そして羽織ってみると意外と丈が長いモノだなと感じてみたり。2~3㎝ほど短いイメージだったんだが、画像で見ると長いんだなと思う。腕を上げるとちょうど良いのかな。

IMG_7760.JPG
□背面

インナーのジップ、内部ジップ、最後に比翼のジップを上げてみると、それなりにジャストフィット…すると、背面のプロテクターが浮かび上がる事を確認する。

装着感はキツい訳でも無いのに、パッドが浮かび上がるのは走行時にプロテクタがフィットする為の物なのだろう。腰回りもしっかりとしているご様子。

IMG_7847.JPG
□暑い

しかし、あんづぃ。まあ、真冬に高速道路の走行までも想定したジャケットを、室内で着れば暑いよなあ…とは思いながらも、予想以上の暖かさににんまりとする。

これで前回、保土ヶ谷Uターンとなった江ノ島ツー(と言う名の状態保全走行)にも行けるかな。真冬とは言え…だからこそ、車体は常に動く状態にしておきたいしね。

IMG_7870.JPG
□グローブも…

グローブも新調したい…ところだが、流石にここは自分で買わんとだよねえ。

とりあえずは通勤でも使用していた、パワーエイジのゴアテックスグローブを合わせてみる。迷彩柄がちと派手か…オリーブカラーのグローブで検討しようかな。

これで、Wのブレーキも寒さも不安が解消出来たし…週末はテストと行こうか。

【POWERAGE】ライダースジャケットあれこれ【FURライダース】 [装備・小物類]

3シーズン装備の限界を思い知る1月の半ば。

最高気温が10℃を切り始めると、ヒートテック系インナー等の重ね着による誤魔化しが限界に達する。オールシーズン使える代わりに薄いんだよな3シーズン。

PJ577_HBGY.jpg
□FURライダース 30%オフ

定価が32,800円の30%(9,840円)offで22,960円で24,797円(税込)になる。

当初の価格表示が税抜な為か、32,800円の商品を30%オフで購入したのに24,797円の支払いとなると何とも微妙な気分になるのは自分だけだろうか。

目に付く価格だからと小売店が税抜表示をするものだから、税率8%が結果的に物凄く目立つよなと言う。ああでも税込表示だとそこから、30%引かないと行けないのか。

まあ、それはさておき、30%オフである。ざっくり1万円オフ。

去年のこの時期はまだダブさんが納車されておらず、専用のウェアも無く…でもウェアの価格推移だけは確認している。POWERAGEは、30%オフが底値だ。

そう考えると買うべきタイミングは今だろう…が、色々と弄繰り回した(しかもしくじった)おかげで予算が大幅減。月次予算(お小遣い)の凡そ半分でもある。

しかし、ここまで値引きがされつつ、サイズが豊富にあるのも今だけ。

POWERAGEは平均身長(175㎝前後)でXLサイズとなる為、XLサイズが簡単に無くなる。それもまた昨年のSALE時に学んだ教訓でもある。が、しかし。だがしかし。

昨年の冬はどうしたんだっけなぁ…と考えていて思い出した。

1月下旬に納車され、2月中旬にもうロッキングプレートの除去手術があったんだ。その後もリハビリによる筋力回復まで乗る事が出来ず…春を迎えた訳か。

そりゃ、真冬用のウェアが無い訳だ…無くても問題無かったから、だ。

2016-04-04T15_40_34-caa64.jpg
□PJ-562 M-65 コットンライダース

そして春先となり、奥様にPOWERAGEのコットンライダースとJRPのグローブを購入してもらう…それまでは、B用の装備(N3BにPAのグローブ)で凌いでたんだっけ。

そうか、ひょんな事から思い出したが、ロッキングプレート除去から1年か。

ま、それはそれとして。このジャケットを入手して以降、真夏以外はこのジャケットを愛用…文字通り、3シーズンだな。春、秋、冬の偏りがあるけども。

真冬用にFURライダースを購入すれば、このジャケットは春秋用に限定出来る。季節毎に併せた方がジャケット自体の損耗も少ない…と考えると、買うべきかな。

何となく真冬も乗り切れていた様な錯覚があり、誤魔化し誤魔化しで来ていたが気温が10℃を下回る様になり、ダブさんの出動回数がめっきり減ったしな…。

多少、無理をするだけの甲斐はある、と思う。多分。

2016-08-19T21_42_47-d66ca.jpg
□HBJ-035 メッシュライダースジャケット

ちなみに夏には、Dytonaのメッシュジャケットがある。昨年9月、ツー用に購入。

…したんだけども、その後に胃腸炎で長期休暇、回復しかけた頃にIgA血管炎で入院一歩手前の休職&軟禁生活で、試着以外には一度も袖を通さずに、冬を迎えたっけ。

あれ、ジャケット購入の検討が、病気と怪我の回顧録になっているのは何でだ。

ええと病気と怪我はさておいて、これで、春、夏、秋…とシーズン毎の装備が整った訳でダブさんが納車されてよりもうすぐ一年…きちんと装備を揃えて置く事にしよう。

…なんて言いつつ、グローブはJRPオールシーズンの1双のみだったりする。

でもJRPは真冬用の革グローブが無いと言うか…心許ないんだよね。とりあえずBで使用していたPOWERAGEのゴアテグローブがあるから、それはそれで良いか。

来々期予算(次月お小遣い)までは、それで何とか持つだろう。

【そうだ、喜多方へ行こう】デグナー防水バッグ購入。 [装備・小物類]

ツーリングバッグについては、色々と悩んだのだが。

当初はリアシート用などのツーリング「用」バッグを考えていたのだが、基本的には大荷物を積みっ放しなのは行きと帰り…その間は、いつものバッグで事足りるのでは。

IMG_5611.JPG
□デグナー防水バッグ

どうせ、宿に荷物を下ろしたら、走っている間は使用しない…ならば普通のカバンでも問題無し。ただ、ツー用と考えると一定の強度と強い防水性能は必須だろう。

…てことで、デグナーの防水バッグ(カーキ)に決める。お値段ざっくり6,000円(税込)。これがツーリング「用」バッグでとなると20,000円~…になるからな。

IMG_5615.JPG
□開梱

パッケージから出すとこんな感じ。でっかい袋、そのままな感じの構造…仕舞い込める部分に方から背負う為のベルトもあるのだが、自分で背負う気は無いのでこのまま使用。

IMG_5616.JPG
□防水仕様

表面の撥水では無く、裏側の記事がガッツリ防水仕様になっている模様。これならば、入り口からの浸水さえ防げば、内部の荷物が濡れる事は十分に防げそうだ。

IMG_5618.JPG
□積載チェック

さて、内容量はどんなものか…と、基本は衣類となる為、手持ちで最もかさばるディッキーズのツナギ2着を入れてみる。実際は下着類とTシャツ日数分だけども。

IMG_5619.JPG
□余裕余裕

衣類+多少のデジタル小物を想定している為、これでパッツンパッツンだとちと厳しいかな…と思いきや、指定通りに入り口を折り返し×3+まるめても十分な余裕がある様子。

IMG_5625.JPG
□積載テスト

そして最後に、手持ちのツーリングネットで固定が可能か…車体への積載テストも無事に終了。実際はmotofizzのサイドバッグを付けた上な為、多少は変動するかもしれないが。

うん、ツー用の積載についてはコレで問題無し、と。

IMG_5626.JPG
□メディカルチェック

そして最後に、自身のメディカルチェック!…と称して家系ラーメンを食べに。

過去のログに載せている通り、少し前に謎の発熱(40℃近くが4日間)を起こしており、体力は落ちているわ、胃は縮小しているわ…で少々、微妙な体調だったので。

懸念された体調不良も感じず、美味しく完食…これで現地でのらーめんツアーも大丈夫!

【そうだ、喜多方へ行こう】メッシュジャケット購入! [装備・小物類]

W650に乗出して半年、季節は…夏。そうだ、喜多方へ行こう。

一時期は毎年の様に、夏と言えば会津…とツーリングに行っていたのだが、125ccがメインとなり長距離ツーリングから遠ざかる事、数年。そろそろ解禁すべきではないのか。

大型バイクの選定時から常にこの考えは頭の片隅にあり、ツーと言えば夏、夏と言えば喜多方(意味は無い。夏に暑い盆地だし)、今年は行くしか無いだろう。

IMG_5378.JPG
□山道

そうと決まれば早速、宿の手配である…夏休みは仕事の都合上、9月上旬となる為、比較的宿は取り易い。むしろ、8月末までの仕事を上げられるか否かが、鍵では有る。

無事に2泊分の宿を取り、もう1泊か2泊かはするかもしれないが、その時の気分と、行き先次第で決める事にする。悲しいかな、後は仕事次第とも言えるが。

しかし、宿を決めた時点で心はもう、旅の空(その後、席に戻り仕事だとしてもだ)。

IMG_5379.JPG
□春月食堂

やはり喜多方と言えばらーめんである。

一般的には坂内かまこと家辺りだろうが、個人的には春月を推したい。昔はまるみだったのだが、一時期を境に観光客目当てのキレイで少しお高めの店になったしな。

幾度かの喜多方行きで市内の7割は食べていると思われるが、残り3割はタイミングが悪いのか、入店に勇気が要るかのどちらかで、そろそろ攻める時かもしれない。

IMG_5386.JPG
□早朝出勤

心はもう旅の空だが、身体はいつも通りに、みなとみらいなのである。

宿は予約、休暇も申請は済んでいるが、仕事はギリギリまで残っている。少しでも余裕を捻り出すべく早朝出勤も辞さない覚悟のこの身である。

残業と違い、早朝出勤は自主出社だから手当が付かないんだけどね…。

IMG_5399.JPG
□寄り道

とは言え、残業に時間を取られると旅支度が進まない。

以前に装備の際にも触れているが、数年ぶりの大型バイクとあり、装備がかなり心許ない状態なのである。以前、3シーズン装備は整えて貰ったが夏用装備は…。

グローブはショートタイプなので最悪、ツーでも併用出来るがレザーが傷むのでしたくないし、流石に高速走行がメインなのにTシャツでの走行は心許無さ過ぎる。

てな訳で、少ない時間を遣り繰りし、なんとか帰宅時に量販店へ。

IMG_5400.JPG
□驚異のOFF

ヘンリービギンズという名のデイトナ製ジャケットが脅威の値引率で販売されていたが、カラーとサイズが限定…ワインレッドのMとLのみ、サイズさえ合えば…。

合った。PowerAgeではXLサイズなのだが、少し前の体調不良による強制ダイエットで、Lサイズにも適応出来る身体になっていたらしい…メーカの差異かもしれないが。

IMG_5479.JPG
□購入

そんな訳で購入してきたヘンリービギンズのメッシュジャケット。
http://www.daytona.co.jp/products/series-S09395-genre

正直、メッシュジャケットてロングツーリングでも行かない限り、使う事自体が無いんだよなあ。このクソ暑い時期に…インナーだけでも暑いのにアウターなんぞ要らん。

近距離の首都高や、第三京浜~横浜新道辺りならインナーだけで十分と思っているから…でも、友人の巻き込まれ事故とか見ていると高速道路のアウター無しはちと怖い。

daytona.jpg
□プロテクター

単純な擦過傷だけならば、インナーだけでも良し…と思わないでもないのだが、高速走行時の転倒を想定するとやはり脊椎や肩、肘等のプロテクターは欲しい。

前回の事故は街中で、なおかつ入院可能な大病院が側にあったのが幸いしたしな…まあ、街中でなければあんな事故は起こされなかったとは思うけれども。

まあ、それはさておき、少なくとも最低限の備えは出来たか。

IMG_5484.JPG
□他の装備品

ヘルメットは安全上、AraiのClassicMODは必須。ジャケットは今回購入したメッシュジャケット。パンツは…流石に厚めのデニムで良いか。10Rじゃあるまいし。

て、事で後はグローブかな。そして旅向けのグッズ諸々…あ、ツー用バッグか。

バイク乗りの、赤い羽根。 [装備・小物類]

先日のジャケット&グローブより、装備類の充実欲に火がついて数日。

特に欲しくなったのがブーツ…黒いエンジニアはあるものの、やはりジャケットやグローブ類に併せ、タン~薄茶系のブーツが欲しい。て事で古着屋で見つけたRedwing。

オイルレザーは前提で段差のあるビブラムソールは除いて…と探していた中、6,000円チョイで発見。セッターは同程度でも倍~三倍はするのに、不人気なモデルなのか、9107。

IMG_2933.JPG
□紐取り

ワークブーツに有りがちな紐をまずは解いてブーツから除去。モデル的に考えて元のカラー&編み込みデザインは想像が付くのに、実物からは想像出来ない程汚れてる。

IMG_2934.JPG
□洗浄

微温湯に少しずつ付けながら、専用の洗剤で…洗えれば良いのだが、引越し時にロストした為にボディソープで。人間の肌以上に弱い事は無いだろう、オイルレザー。

IMG_2936.JPG
□拭き取り

まずは基礎的な清掃&整備の為、軽く汚れを落とした後に表面を軽く拭って乾かす。これだけでも古着屋に放置されたブーツなら、かなりの汚れが落ちてくれる。

IMG_2938.JPG
□オイル塗り込み

次いで完全に乾燥しきる前、且つ濡れてはいないと思える程度の状態にて、ミンクオイルを塗り込んでゆく。指にオイルを取り、じっくりと優しく塗り込む。

ついでに、まだ硬さの残るJRPのグローブにも揉みながら塗り込んでいたり。

IMG_2939.JPG
□復活

トゥ側は殆ど拭き取りの必要が無い程、オイルが染み込んだ模様…乾いてたんだなあ、やっぱり。店頭で簡易的に手入れをするだけでも、かなり見栄えが違うのにねえ。

IMG_2942.JPG
□紐通し

最もキレイになったのは紐…と言うのも微妙だが、店頭に並んでいた頃とは比較にならない艶を取り戻した9107。まあ、おかげでお安く仕入れられたんだけどね。

逆に言えば、自分で手入れの出来ないユーザはこのまま履き潰してボロボロになり、まぁ値段相応だったなあ、で終わっちゃうんだろうなあ…勿体無い。

Redwingとしては人気が高いモデルでは無いが、クレープソールに大きな減りもなく、これだけのレベルで6,000円ちょいならば、十分にお買い得と言えるだろう。

今回はとりあえずのお手入れだったので、しばらく使用したらまたあらためて手を入れようか。でもチェンジペダルで傷だらけになっちゃうのも、ちと勿体無いかなあ。

Wコーデについて。 [装備・小物類]

先日、奥様の御好意にて装備品の殆どが揃ったオイラ。

IMG_2743.JPG
□EDWIN XVS 403 FLAP

しかし、考えてみるとここ数年ツナギばっかであんまり服が無い…てことは無いんだが、nbnlのロゴ付スポーツデニムとか、バイクウェアで使える普通のが無いなと。

てなわけで買ってきました普通のデニム。EDWINの新作らしい403。XVSのFLAP…は、このポケットのデザインを指すらしいのだが、色落ちの模様で決めたので知らない。

IMG_2745.JPG
□セット

んで、POWER AGEのジャケットを載せてみる…おお、イメージだけで合わせた割には良い感じに色合いがあってるなあ。明るめのモスグリーンにオイル系色落ち。

オイル感の濃い色落ちが好きなんだが、これ以上を求めるとジャケット側がもう少し暗色じゃないと似合わなくなったし。モスじゃなくてオリーブになっちゃう…しな。

IMG_2751.JPG
□JRP SSS

モスグリーンのジャケットに黒はつまらないっつか似合わない、じゃあタンで!と思ったんだが、一気にカラーコーデの難易度を上げてくれたなJPR SSSってば。

こうなると足元に明るめのカラーを入れるのが、バランスが取れるな。タンは狙い過ぎだから、茶系か赤茶系かな。タンならティンバー、茶・赤茶ならREDWINGか。

IMG_2752.JPG
□MOD

そこに、AraiのMOD…黒いメットを合わせると色がイイ感じに散り過ぎていて収拾がつかなくなってくる…んんん。こうなるとブーツも黒か。定番のエンジニアならまとまるか。

IMG_2763.JPG
□一人ファショショ。

イメージが掴み辛いので実際に来てみた…んで、奥様に撮ってもらったり。blogに使うから顔は映さんでなーと頼んだ結果、結構、微妙な画像ばかりなのは仕方が無いのか。

こうなるとグローブも黒が良かったか…でもそれじゃつまらないし、タンカラーてグローブで選んだことが無かったから、選択肢に入れて見たかったんだよね。

IMG_2769.JPG
□1more

この画像の方が分かり易い、かな。やっぱりPOWERAGEのジャケットだけあって、しっかりと体にフィットするし、プロテクターも入ってる…のが浮かび上がるなコレ。

まぁこうして見て悪くないし、ブーツやそれに合わせた小物はこれからチマチマと揃えて、選んで行けば良いんじゃないかな…しかし、バイク用装備はお金がかかるのう。

IMG_2789.JPG
□発作マグナ。

バイク用ウェアを揃えていくと、やはりシルバー&レザー方向に行っていたオイラは小物も揃えたくなってしまってねえ…程度が良いBRSのレザーウォレットを見つけてゲッツ。

ゴツメなウォレットチェーンも欲しいが、アレはお値段がなあ…A&Gとかカムホートのチェーンを取って置けば良かったと後悔するが、またこうなるとは思わんかったし。

IMG_2790.JPG
□お手入れモロモロ

エンジニア、何かあったよな…と引っ越し荷物を解いたら出てきたセダークレスト。と、発作購入をかましたW-BRSのレザーウォレットをメンテオイルでお手入れ中。

しばらくはこの辺りのツールで手を打っておいて、徐々に揃えていきますかね。

花見とラフロと諸々と。 [装備・小物類]

花見と言う名の桜撮影は終えたので、奥様と近所にお花見。

IMG_2712.JPG
□花見がてら

…なんだが、天気があんまりよろしく無くてなあ。8分咲きの金曜日から明けて土曜日、日曜日と曇り空…ソメイヨシノの桃色は薄い青空にこそ映えるんだけどね。

IMG_2714.JPG
□カルビクッパ

曇り空どころか、駅の近くに着く頃にはポツポツと振り出して、ランチがてらに何度か訪れた牛仙に…石焼も良いし焼肉も良いのだけども、今日はなんとなくスープご飯気分。

IMG_2725.JPG
□ラフロマント

で、元住吉からの帰り道…なんだが、ラフロでまとめ買いした為にこんな格好に。

ホントは大きいビニール袋何だけども、持ち手が長くて無駄に疲れるから、羽織ってしまったらどうだろう…と言う事で、試しに伸ばして腕を通してみたら、こんな状態に。

奥様が爆笑しつつ、取ってくれたのがこの画像である。

IMG_2733.JPG
□JRP SSS レーザグローブ

W納車後より、ずっと悩んでいたW用のグローブ。

とりあえずは、と通勤用のBグローブ(POWER AGE製)で誤魔化していたんだが、やっぱりWには革のグローブだよなぁ、専用のグローブが欲しいよなぁ…と。

そして、革グローブと言えばJRP。まだ夫婦坂近くにあった頃は何度も来店し、お店の人の話に惚れこんだメーカだった…その後、SRを離れてからは、ちと離れていたけども。

ただ、JRPのどのラインにするか…で、悩んでSSSとなる。

当初は帰り掛けによって自分で購入…の予定が、臨時収入があった(資格試験合格のお祝い)奥様が自分のお小遣いから、買って貰える事に!

IMG_2734.JPG
□POWER AGE PJ-562 M-65 コットンライダース

しかも「今なら買ったげるよ!」とか「こんなチャンスは滅多にないよ!」と煽られて、なんとPOWER AGEの3シーズンジャケットまで購入して貰っちゃったり。

M65デザインのコレは非常に好みではあったのだが、3シーズンて真冬用と違って適当なウェアでも誤魔化せるし…でも夏のロンツーには欲しいか…等と悩んでいたのだけども。

奥様の言う通りこんなチャンスは滅多にない」と思われたので、御好意に甘える。

IMG_2735.JPG
□3シーズン

うん、適合メーターにはこうあるが、関東(東京城南~都内寄りの川崎)では、4月にはまだ寒いし10月も寒くて乗れないと思うよこのジャケット…真夏もキツイかな。

でも、逆に言えば真冬用のウィンターウェアさえあればこれで通年の勝負が出来る。

しかしこれで、メット(誕生日プレゼント)、ジャケット、グローブ…と全て、買って貰ってしまっている。しかも家計じゃなく、奥様のお小遣いからという素敵な状態。

もうすぐ、昨年の大事故から1年…ようやく治療も終了しそうな現状なのだが。

そんな状況にもかかわらず、またバイクに乗る事も反対せずに、安全の為だから、とこうしてウェア類をお小遣いから買ってくれる奥様には、本当に頭が上がらない、な。

SALE時期とは言え、グローブとウェアで諭吉さんが3人は飛んでったしなあ。

ツーリング御用達?MotoFizz サドルバッグ。 [装備・小物類]

Wに乗り始めの頃から、非常に不便に感じていた積載性能の低さ。

デグナーのナイロンツールバッグなどをつけてみたのだが、取り付け場所や使用方法に手間がある割に車体に馴染まず、さらに大して荷物も入らないので外してしまったり。

satoshi_yoshioka-img600x450-1458020871qtxmgp30529.jpg
□オークション

そんな中、オークションで見つけたのがこのMotoFizzのサドルバッグ2…と思わしきバッグ。思わしき、と言うのは現行とちょっと違うので正しい呼称か分からない為である。

まあ、サイズや形状的に同じものと思えるが、現行モデルは金色のエンブレム部分が黒い布の刺繍になっていたりするんだよね。ちなみにコレはオクの画像。

IMG_2560.JPG
□到着

そしてこれが実際に到着したサドルバッグ…うん、過去に確認したサドルバッグ2と同じだ。エンブレムの他にも多少のデザイン変更はあるが、サイズや構造に変化はない。

IMG_2564.JPG
□A4ファイルケース

…て、事で100均で購入してきたA4ファイルケースである。サイズは幅10㎝に縦25㎝に奥行きが30cm…だったかな。なんでこんなものを買ってきたかと言うと、だ。

IMG_2565.JPG
□in

バッグの内側に格納する事により、「バッグの底」をキチンとしたものとして作っておくため。コレで少なくともバッグの底はキチンと四角くなり、型崩れもし難い。

IMG_2566.JPG
□自立

左がファイルケースを入れた状態で、右が何も入ってない状態…レザーっぽいナイロン地なので、何も入ってない状態ではぺったりと潰れてしまう。これは見栄えが宜しくない。

IMG_2568.JPG
□失敗

ちなみに他にもファイルケースは購入してきたのだが、こちらはちょっと奥行きが長くて断念。メーカーサイズを見るに1㎝程度なのだが、内側に入れるには大きかった。

IMG_2570.JPG
□仮組

両側にファイルケースを入れて、バッグとしての形状を維持…して椅子に載せてみる。うん、これなら車体に取り付けても、ぺったりと張り付く様な事にはならないだろう。

IMG_2585.JPG
□装着

で、実際に取り付けて見た画像がコチラ…うん、悪くない。ちゃんとサイドバッグとして形になってる。現行で試した時は張り付いたビニール袋だったからなあ。

IMG_2595.JPG
□サイド

横から眺めてみて…うん、前に試した時は純正加工のシートで、妙にバッグが上に持ちあがり、さらにシート幅があり過ぎて横に広がっていた、というのも原因の一つかな。

IMG_2632.JPG
□太陽の元で

取付が会社より帰宅した後で、画像に撮るには暗かった為、あらためて撮影して確認。…うん、奥側に傾いている為、少し上に寄っているけれども、及第点かな。

Wでありがちなサイドバッグは、もっと大きくて下の方にマウントされていたが、あれはバッグサポートが必須になってしまうし、バッグが無いと非常に邪魔臭い。

それに何より、そんなに大きな荷物を日常的に積み下ろしはしないしね。

IMG_2633.JPG
□太陽の元で2

うんうん、程好くクラシカルで大きさのバランスも良いね。彼島彼バイのW3イメージアーミーバッグがWの流行りだが、個人的にはこちらの方がスッキリしていて好み。

乗り手はさておき、この車体にはアーミーバッグのキャンバス地よりも、実際にはナイロンであってもパッと見にレザー感の方が似合う気がする。それも小ぶりな方が。

IMG_2646.JPG
□ツーのおまけ

そして、先日のツーで購入してきたお土産の一つ、ヅケマグロ(2種)をヅケ丼にして食べながら思うのは、あの江ノ島~三崎ツーの時にこのバッグがあったらなぁ、と言う事。

あの時は非常用のネットを用いたのだが、ネットって積載容量が計算し難いんだよねえ。このバッグなら少なくともA4サイズで幅が10㎝までなら入るという計算が出来る。

日常使いにもそうだけれども、プチツーには非常にありがたいバッグである。

GoPro HERO4 Session…? [装備・小物類]

先日の実家PCセットアップなどにより、ヨドバシカメラのポイントが1万を超える。

point.png
□10,206ポイン

正直なところ、ヨドバシで1万…となるとさほど魅力的なモノは思いつかないのだが、ポイントを使用してマイナス一万で帰ると考えると、選択肢がいくつか湧いてくる。

ミレーレス一眼…PenのE-P5は…費用を考えると効果がちとアレなので。

HERO_Session_1.jpg
□GoPro HERO4 Session

それ以外で…と考え、咄嗟に思い付いたのが、ウェアラブルカメラの雄GoPro。

…それも最近の物であれば、 HERO4 Sessionである。最小最軽量でガワ無しでも完全防水。いやウェアラブルカメラ自体に興味はアリ、調べてはいたのだけれども。

動画撮影の必要性ってどうだろう…走っている姿を撮影するのならまだしも、車載カメラとして使う事になる訳だし、走行映像ってそんなに魅力的なモノか…?と。

ぶっちゃけ、youtubeに上がっているバイクのオンボード映像も大して楽しくないし。

HERO_Session_2.jpg
□なんと

それに、1万~2万程度ならまだしも、ソコソコ見れるものだとカメラが4~5万はする訳で、そこまで惹かれるものは無いよなあ、と言うのが正直なところなのだが。

ヨドバシで28,760円…マイナス1万で18,760円…となれば話は別なのだ。

これにハンドルマウント用のオプションやら32GBのSDやらと考えるともうちょいと掛かるが、それでも本体がこの程度で買えるのなら、手を出してみても良いんじゃないか。

でも、撮ったところで何に使うのか…と言う疑問が解消されてないんだよな。どこで撮る。いつ撮る。移動シーンだけってのもアレだし、やっぱり峠とかの走行動画辺りか。

このblogにあげるってのもアリなんだが、どんな叩き方をされるかと考えると面倒臭くなる。メータが映れば速度違反!ラインが微妙なら下手くそ!等の煽りが発生しそう。

そうでなくてもディスコメ多いしなあ、このblog…と考えると使い道が。

自分の思い出として保管するのもアリなんだが、車載動画って実際の自分の目で見てる絵とはかなり異なるしなあ…実際、人の絵を見ていても面白いと感じた事は無いし。

でも手を出してみたいってのもありつつ、今ならこの金額で!っていうのも魅力。

まぁ、1万引きとは言え、結果的には3万近い訳で、Wに3万つぎ込めると考えたら、もうちょっと有意義な方向がありそうで悩むんだよねえ。まだ、やりたい事も多いし。

DEGNER NYLON TOOL BAG NB-24 装着。 [装備・小物類]

さてさて、納車されてから数週間…とは言うものの機関の割に乗れていないW。

IMG_1932.JPG
□お出掛け

週末の余暇を見つけては、走りに行きますよ…っと。しかし、しばらく寝ていたとは思えないほど、寝起きの良い子だなあ。この時期に、チョークを引かずとも起きてくれる。

IMG_1943.JPG
□Arai ClassicMOD グラスブラック

車体と撮るのは初めてか?グラスブラックが黒主体のWに映え、CM(ClassicMOD)のクラシカルなデザインとマッチする…うん、このメットを選んだのは正解だった、な。

どんなウェアにも合わせやすいのはマットブラックなんだが、やはりクラシカルさはグラスの方が良い…し、同様に黒で艶のあるタンクにも合っていると思う。

IMG_1961.JPG
□DEGNER NB-24

んで、等々に話は変わるが、フラフラと出かけた先で衝動買いしてきたのがコレ。

デグナー製のナイロンバッグ、NB-24 。ナイロン製とあるが見た目には革製のバッグに見え、ツールバッグとあるが、文庫本やコミックなら入る収納性に惹かれて購入。

IMG_1963.JPG
□留め金

特筆すべくは、パッと見にベルト固定に見えるバッグの開閉がここで出来る事。パッと見には、ベルトで開け閉めに見えるんだけども、実際はもっと簡易なココで。

IMG_1964.JPG
□サイドへずらして

開け方は、ベルト下部にあるこの金具を、左側へ押すようにして横へとずらして…。

IMG_1965.JPG
□持ち上げる

ベルト自体を上へ持ち上げて閂となる部分を外す…と、この通り!

先ほどのフックはロックの役目をしているだけで、ロックを外して上に持ち上げれば、この通りに蓋が開く、という寸法。これは中々に使い勝手が宜しい。

IMG_1967.JPG
□取付

バッグ本体から一度、ベルトを引きぬいてグラブバーに取り付けるべく、横の固定を盾の固定に…と苦労して取付、出来た!と思いきや、上下が逆だったというオチな。

IMG_1971.JPG
□車体側から

正解はコチラ…取り付ける際にシートへの干渉…は無かったのだが、取り付ける手の可動範囲に触れて邪魔だったので、シートを取り外した状態から作業。うん、だいぶ楽。

IMG_1973.JPG
□完成

取付完了!…これが正しい、バックの向き&取付の方向。

これで、わずかなりとも積載能力が生まれ、ことある毎に帰宅してBWSへ乗り換えて…と言う手間が発生しないだけども、購入した意義は大きいと思われる。手間的に。

IMG_1975.JPG
□まち

ちなみに、ベルトと一体となっているベロ部分を持ち上げるとバッグ本体が見える形となっている。バッグ単体がドラム上の形態でその開け閉めはジップと使い易い。

IMG_1978.JPG
□完成

車体へのフィッティングはこんな感じ…思ったより、バッグが大きかったかもしらん。テールとグラブバーの間にある隙間にちょうど良い…と思ったのだが、微妙かしら。

IMG_2031.JPG
□こんな感じ

ん?んんんー?これはちょっと…思ったより…上に出過ぎでないか…?

タンクからシート、グラブバーへとつながるラインを崩しちゃってる感があるなあ…仕方が無いから、しばらくはこのまま使うとして…他の場所への移植も考えないと、だなあ。

ま、バッグ自体は良い出来だし、どこに付けるか悩むのも楽しみの一つだし、な。
装備・小物類 ブログトップ