So-net無料ブログ作成
月間らーめん記録。 ブログトップ

2017年、9月のらーめんについて。 [月間らーめん記録。]

10月に入り9月のらーめん振り返り日記をば…そろそろ、定番化してきたかな。

今月は全体的に少な目でバラけたイメージ…いそべだけは定期的に通っているものの。大山が何年振りかの訪問…の、代わりになんつっ亭に行けていないな。

2017-09-01T15:14:58.JPG
9/1 武一 濃厚鳥白湯+Bセット 980円

しばらくご無沙汰となる濃厚鳥白湯。味は変わらず美味しいものの、やっぱり都内の中心部にある立地的な問題からご無沙汰気味。向かう途中に他に店も多いしなあ。

2017-09-04T18:45:23.JPG
9/4 松虎亭 盛岡醤油+大盛 650円

定期的に訪れる溝の口の盛岡醤油。安定の美味しさの代わりに、訪問店の中では最も地味な味とも言える為、訪問回数は自然と少なめとなる。月に一度で良い味とも。

2017-09-07T13:02:03.JPG
9/9 大山 海老塩 850円

数年ぶりに訪れる海老塩が看板の大山。…うん、ニンニクは要らないな。スープのベースが弱い。海老の風味は立ってる…が、それだけ…で、単品850円は高過ぎだな。

2017-09-10T17:41:37.JPG
9/10 いそべ 黒旨特製わんたんめん+ごはん+大盛 1,200円

相変わらず安定のいそべ…空腹に耐えかねて、大盛+ごはんはやり過ぎた。いくら美味しいとはいえ、一回のらーめんで1,200円はちとお高め…満足感は高いが。

IMG_2772.jpg
□9/14 きりきり舞い 特黒らぁめん 1,000円

月に数回は無性に食べたくなるチャーシ…じゃなかった、煮干脂の効いたスープに極太麺(300g)のコラボ。そして尋常ではないレベルのボリュームを誇るトッピング。

IMG_2797.jpg
□9/15 まっち棒 中華そば+大盛+ごはん 1,150円

夜間か休日の昼間のみの営業…非常に行き難いタイミング(しかも溝の口)で登場率が低めながら、大好きな和歌山ラーメン。ご飯に最も合うらーめん第一位!

2017-09-19T15:34:49.JPG
9/19 いそべ 黒旨特製わんたんめん+〆ごはん 1,150円

定番ながらも、初の〆ご飯を発注…通常のご飯にお茶漬けの具が乗り、スープご飯に…悪くは無いのだが、普通にご飯で良い気がする上に+50円の意味が分からない。

2017-09-23T15:47:00.JPG
9/23 上場家 中盛らーめん800円

元六角家の為か、最も安定して美味しい家系らーめん。100円トッピング×2で150円のサービスが終了、らーめん本体が50円ずつ値上げ…まあ、値上げ前が安過ぎた。

2017-09-29T15:11:29.JPG
9/29 武一 濃厚鳥白湯+Bセット 980円

今月は珍しく月に2回も武一に。味は抜群なのだが、相も変わらず少ないスープには、やや閉口。麺を食べ終わる前に、スープがほぼ無くなるのはなあ。

2017-09-30T19:24:01.JPG
□9/15 まっち棒 中華そば+大盛+ライス(ランチサービス) 850円

相変わらずご飯と組み合わせると、凶悪なまでの美味しさを誇る和歌山らーめん。この獣臭く滅茶濃いめのスープがたまらんのだよなあ。平日は夜営業しかないのが残念。


かろうじて10杯とは少な目だなあ…でも単価が高いせいか、9,610円とそこそこな出費に。美味しければ、らーめん一杯で1,000円前後は高くは無いと思うけどね。

今回は珍しく大山が…の代わりに、武一が2回、まっち棒が2回、と普段なら訪れにくいお店が2回ずつ。いつも通りにいそべが2回…ちと店に偏りがあるなあ、9月は。

…なので、来月の目標は新店舗を一つ…そうだな、出来れば、じらい也を訪れたい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

2017年、8月のらーめんについて。 [月間らーめん記録。]

6月より始め、7月、8月…と三回目となる月初めの恒例更新コンテンツ。

IMG_1610.JPG
1杯目 8月3日 いそべ 黒旨特製わんたんめん+大盛り 1,100円

安定のいそべ。もう、訪問する理由が特に必要無いというか訪れるのが当たり前となっているというか。あ、そろそろ行かなくちゃと言う意識が働くレベルの旨さである。

やはり、週に一度は身体が欲するレベルの旨さとしか言い様が無い。

IMG_1673.JPG
2杯目 8月7日 いそべ 白旨特製わんたんめん+ごはん 1,100円

友人のリクエストで訪問。流石に三日前に食べたばかりだしなあ…ということで白旨に。苦手な柚子は抜いて貰う…うん、白も旨い。大盛りでは無くご飯にしてみる。

大盛りも良いが、美味しいらーめんで食べるごはんも捨て難いと感じる。

IMG_1754.JPG
3杯目 8月9日 まこと食堂 大盛りチャーシューメン 1,050円

喜多方ツー1杯目。FAZEをお譲りしたKさんにご案内頂いたお店。人気店に加えて今回初の喜多方らーめんと言う事もあり、かなり美味しい…ひさしぶりの味に舌鼓を打つ。

喜多方へ来た事の実感とKさんと食べた事により、さらに旨さを感じた一杯。

IMG_1760.JPG
4杯目 8月9日 丸見 ネギチャーシューメン 900円

喜多方ツー2杯目。この町を訪れた時は定番なお店…刻みネギチャーシューが普通のチャーシューに…うん、旨い。でも、棒状チャーシューの方が葱と絡んで良いなあ。

リフォーム前の小汚い頃が味も好きだったが、今のこの味も悪く無い。

IMG_1789.JPG
5杯目 8月10日 春月食堂 チャーシューメン+大盛り 1,000円

喜多方ツー3杯目。そろそろ、喜多方らーめんと言うか醤油らーめんに飽き始める…が、ここもまた定番の春月食堂へ…個人的には丸美と並ぶ双璧だと思う。

中盛りを見逃して大盛りを発注、コレはまさかの3玉入りか…ちと厳しい。

IMG_1800.JPG
6杯目 8月10日 丸見 ネギチャーシューメン 900円

喜多方ツー4杯目。うん、ちょっと惰性と言うか安定を求めた。そして喜多方らーめんも飽きた。そんな事を考えながら啜る一杯。あれちと味が薄い…今日の味はイマイチ。

同店舗でも安定が無いのも、喜多方の醍醐味…ではあるがレベルの低さとも言える。

IMG_1836.JPG
7杯目 8月13日 いそべ 黒旨特製わんたんめん+ごはん 1,100円

帰宅後に、自分の中の醤油らーめんを見つめ直したくなり訪問…うん、旨い!ジャンルがどうと言うより、クオリティが違うんだなと痛感。味の重層さと鮮やかさが段違い。

そしてらーめんはかくあるべきとも言える、安定さ…やはり、うん。

IMG_1905.JPG
8杯目 8月17日 きりきり舞い 特らぁめん白 1,000円

少しばかりらーめんに飽きつつも、最近の定番且つ特徴のある創作系、きりきり舞い…相変わらずの激旨さ…やはり、根本が違い過ぎるのだなとここでも痛感する。

ただ、肉料理を食べた時の様な満足感がある為、比較対象には向かないかもしらん。

IMG_2035.JPG
9杯目 8月24日 いそべ 黒旨特製わんたんめん+ごはん 1,100円

らーめんを食べよう、と考えた時に無条件で第一候補となるレベルに。前回より大盛りを止めてご飯にしたところ、少し物足りなさを覚える。美味しいのだが。

…大盛り+ご飯はやり過ぎだろうか。やり過ぎなんだろうな。

IMG_2118.JPG
10杯目 8月24日 上々家 中盛りらーめん 800円

考えてみればかなりのご無沙汰か…場所が羽田と他に何も用事が無い地域だからあ…相変わらず、自分の中の家系No1。豚骨醤油と鶏油が五臓六腑に沁み渡る。

絵的に寂しく思えるが、それはどこよりもスープの量が多いという良心故だろう。

IMG_2139.JPG
11杯目 8月28日 松虎亭 盛岡醤油 大盛り+無料トッピング券 570円

定期的に訪れる用事のある溝の口…但し、店舗の選択肢が非常に少ない為、訪れた際にはほぼ確定な松虎亭の盛岡醤油…なんのかのと言いながらスープ完飲の旨さでもある。

ある意味、昔懐かしレトロ系…と言うには特徴があり、抜群のコスパを誇る逸品。

【総括】

今月は11杯と少な目…らーめんツーもあったのにと考えたが、むしろ短期間に食べ過ぎて食傷気味により、杯数を落としたか…まあ、三日に一度は食べてる計算なのだが。

費用的にも10,620円と少な目…でも、ないかな。一杯当たりの平均単価が966円だし。ツー先の観光食としてチャーシューメンが基本となったのも単価を上げている。

6月 9杯 8,540円、一杯単価 949円
7月 14杯 12,180円、一杯単価 870円
8月 11杯 10,620円、一杯単価 966円

やはり、月単位で見ると今月は先月より少ないの一杯単価が高めだな。

今回は都内へのらーめん行が少ない為か、濃厚鶏白湯を食せず…来月は必ず行こう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

2017年、7月のらーめんについて。 [月間らーめん記録。]

先月寄り始めた、前月に食べたらーめんをまとめてみよう、という新コンテンツ。

先月はきりきり舞いに行けていない為、今月は2度の訪問。でもここ、昼ご飯に食べると夜ご飯が危うくなるレベルの満足度なんだよなあ…そして松虎亭も2回、か。

IMG_0762.JPG
□2日 きりきり舞い 特らぁめん黒 1,000円

一月ぶりと言う事で、特らぁめん黒。300gの極太麺に極太メンマ、濃い味煮玉子、海苔が三枚…は良いのだが、大和煮的な分厚くてホロホロなチャーシューにやられる。

IMG_0809.JPG
□4日 松虎亭 盛岡醤油拉麺 670円

溝の口を訪れる用事があったので。濃口の盛岡醤油を使用している事を除けば、オーソドックスな醤油拉麺。今時、家系でもないのにほうれん草は珍しく懐かしい。

IMG_0853.JPG
□6日 いそべ 黒旨特製わんたんめん+大盛り 1,100円

やはり、何杯かに一度は食べたくなるいそべのわんたんめん。相変わらず、スープに麺にわんたんに…と文句の付けようがない極上の味。これでアクセスが良ければなあ。

IMG_0956.JPG
□11日 松虎亭 盛岡醤油拉麺 670円

度々、溝の口に用事があり訪れる。が、このらーめんはベーシックなだけに、月に一度か数か月に一度、で良いかなあ…平日はまっち棒が営業しない為、ココ一択だが。

IMG_0997.JPG
□13日 なんつっ亭 らーめん 750円

喜多方リベンジの美品調達や仕事関連で訪れる事のある川崎。他に店がに無い訳でも無いのだが、自然と足が向くのはやはり、黒マー油の魅力。平日は大盛り無料だし、ね。

IMG_1020.JPG
□14日 きりきり舞い 特らぁめん黒 1,000円

今月はきりきり舞い強化月間。今回はいつもよりもチャーシューのボリュームが凄く、極太麺300gを食べ終えたにも拘らず、食後の感想は「肉を食った」と言う摩訶不思議。

IMG_1121.JPG
□17日 いそべ 黒旨特製わんたんめん+大盛り 1,100円

定期的に挟んで行きたいいそべ。但し、11時30分開店なのに、11時38分着で既に店内の待合スペースが満席なのは解せない…潰れては困るが、自分だけの名店でいて欲しい。

IMG_1172.JPG
□19日 上々家 中盛り 750円

川崎の産業道路方面に用事があり、羽田も近い為に上々家を訪問。味は文句なしに旨い…のだが、SNSやブロガー泣かせの、絵面の悪さは何とかして欲しいとも思う。

IMG_1210.JPG
□21日 ボニート・ボニート 粗挽き醤油+ライス 1080円

チャーシューが一枚減ったからか、見栄えが寂しくなったなあ…あと、スープのコクが無くなった様な。粗挽きも減っている気がする。コレにご飯だけで1,000円越えは…。

IMG_1374.JPG
□24日 小法師蒲田店 チャーシュー麺 +サービスライス 960円

うん、まあ、こんなもんか、を地で行くらーめん。喜多方は伏流水の旨さで持っているから、現地以外で食べるとね。チャーシューでごはんが食べたい時はありだな。

IMG_1431.JPG
□26日 なんつっ亭 らーめん+ランチサービス大盛り+ビール 1,250円

たまに食べたくなるマー油豚骨。ここはキンキンに凍ったジョッキでビールを出してくれるのが嬉しい…500円でお通しレベルも無いのはアレだが、まぁらーめん屋だしな。

IMG_1523.JPG
□29日 いそべ 黒旨特製わんたんめん+大盛り 1,100円

2週間も間を開けると恋しくなるお味…そしてひさしぶりに啜るスープの旨みにしあわせの溜息。デフォルトで麺が少ないのさえ除けば、ほぼ完璧といって良い旨さである。

IMG_1555.JPG
□31日 和蔵 らーめん+サービスライス 750円

溝の口に勤めていた頃、良く訪れたお店…だから、10年ぶり、くらいかな。変わらない味…うん、今となってはインパクトが薄い…ありふれた味とも言える背脂豚骨醤油。

【総括】

今月は14杯、12,180円か。月間で一万越えと考えるともう、これは立派な趣味だなあ。緊縮財政中で小遣い三万円の為、ほぼ半分はらーめんに注ぎこんでいるという結果に。

そう言えば、今月は鶏白湯を食べていない…むさこ方面ではきりきり舞いとボニートとなる結果とも言えるが…来月のむさこ方面は、鶏白湯とじらいやの訪問を目標としよう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

新コンテンツ作成! [月間らーめん記録。]

月初に、前月に食べたらーめんをまとめてみよう、という新コンテンツ。

大体の一杯単価が1,000円前後と考えた場合、月辺りで10,000円は消費する趣味と考えれば、コンテンツとして十分ではないだろうか。ネタとすれば多少は還元されるやも。

IMG_0134.jpg
□6/4 矢口渡 いそべ 黒旨特製わんたんめん+大盛り 1,100円

澄んだ醤油スープに、肉×3+エビ×3のワンタンが絶品の黒旨特製わんたんめん。

IMG_9948.jpg
□6/6 溝の口 松虎亭 盛岡醤油拉麺+揚げ葱トッピング 750円

珍しい盛岡醤油に2回目からはトッピン無料となる券で揚げ葱をトッピング。

IMG_0048.jpg
□6/9 蒲田 潤 中華そば+大盛り 860円

駐禁の厳しさ故に、ほぼ一年ぶりとなる背脂チャッチャ系の中華そば。

IMG_0094.jpg
□6/10 下丸子 芥子や 大盛りあぶらめん+揚げ葱トッピング 1,000円

こちらもまた一年ぶりの来訪となる、タレとチャーシューが絶品のあぶらめん。

IMG_0534.jpg
□6/11 矢口渡 いそべ 黒旨特製わんたんめん+大盛り 1,100円

変わらず定番となる、激旨わんたんに酔いしれる。特製のチャーシューも旨し。

IMG_0326.jpg
□6/19 川崎 なんつっ亭 中華そば+大盛り 750円

半年に一度くらいの頻度で、無性に食べたくなるマー油の効いたライト豚骨。

IMG_9895.jpg
□6/24 矢口渡 いそべ 黒旨特製わんたんめん+大盛り 1,100円

もう6月に3回目なので特にコメントは無し…逆に月に3回も通うほどの味とも言える。

IMG_0611.JPG
□6/26 羽田 上々家 らーめん中盛り+のりトッピング 900円

自分内家系ランキングTOPのお店…味は良いが接客や清掃等に難があるのはご愛嬌。

IMG_0740.jpg
□6/29 学芸大学 鶏そばたけいち 濃厚鶏白湯+Bセット 980円

濃厚な鶏白湯の味は抜群なのだが、訪れるたびにスープの傘が減るのが難点。

【総評】

月間で9杯…週に2回で8杯となる事を考えれば、そこそこ食べているか。1,100円×3+750円+860円+1,000円+750円+900円+980円...で、8,540円...9,000円弱、と。

頻度で言えば圧倒的にいそべ…つまり、黒旨特製わんたんめんを食べる機会が多い。これは週一で食べたいと公言しているので、むしろ9回中3回は少ない方かもしれん。

潤の中華そばと芥子やのあぶらめんは、ほぼ一年ぶり…上々家は月に一度、松虎亭は2月に3℃程度だから、こんなものかな…7月はボニートときりきり舞いは押さえよう。

ああ、でも7月になると松虎亭のひやしらーめんも始まるんだよなあ…楽しみだ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
月間らーめん記録。 ブログトップ